施工管理の転職ガイド

施工管理の仕事内容と現場監督との違いについてです。転職するなら資格を取得している方が有利となります。

施工管理という仕事への転職

どんな仕事に就いていますか?と聞いた時に、「施工管理です」と言われると、何人かは「それってどんな仕事?」と聞いてくると思います。

施工管理は建築業界専門の転職サイト(建設・設備求人データベース)では一番求人求人件数が多く、あって当たり前の職種なのですが、誰もが知っている仕事ではなさそうです。

この施工管理の仕事とは、どのようなものなのでしょう。

【施工管理って何をするの?】

施工管理というのは、建設現場や土木、電気工事などの現場で作業する技術者たちのスケジュールや作業工程、安全、品質を管理する仕事です。

施工する職人さんたちの監督や管理、施主との打ち合わせや予算の管理、調整というように多岐に渡ります。

現場のまとめ役から書類作成などのデスクワークも行います。

【現場監督とは違うの?】

建設工事の現場には現場監督という人がいますが、それと施工管理とは違うのでしょうか。

施工管理というのは、現場で作業する人たちの仕事を監督するものです。

工事が予定通りスムーズに進むように現場で働く人をまとめ、仕事内容の調整などを行います。

現場監督もよく似た仕事なのですが、実際に現場に入り指揮や管理、采配を行います。

現場中心なので施工管理のようなデスクワークは少ないです。

【現場監督は資格なしでもOK】

現場監督は資格なしでもなれますが、施工管理の場合は施工管理技士という資格が必要です。

施工管理に転職を考えているなら、施工管理技士の資格を取得すると良いでしょう。

資格があると転職には有利です。

特に1級を取得していると良いようです。