施工管理の転職ガイド

施工管理の仕事内容と現場監督との違いについてです。転職するなら資格を取得している方が有利となります。

施工管理の仕事であれば有利な資格

2017年4月27日 // by admin01

施工管理の仕事に就きたい、転職したいと考えているなら、資格があった方が有利です。

どんな資格があると良いのでしょうか。

その資格は取得が難しいのでしょうか。

【施工管理で有利な資格】

施工管理の仕事に就くにあたり、あると良い資格はいくつかあります。

その中の一つに建築関係のものがあります。

1級建築士や2級建築士があると良いですね。

他には設計士なども良いです。

就職や転職の応募条件に、何らかの建築の資格を持っていることを挙げているところもあります。

【施工管理技士があれば尚良い】

施工管理の仕事がしたいのであれば、施工管理技士の資格を取得することをおすすめします。

施工管理技士は国家資格で1級と2級があります。

また、土木、建築、建設機械、電気工事、管工事、造園工の6つの種類に分かれています。

1級を取得すれば監理技術者として働くことができます。

【受験資格が厳しい】

施工管理技士の試験を受けるにあたり、一定の学歴や実務経験が必要となります。

例えば建設機械施工管理技士1級の場合、指定された大学以外の卒業生なら、13年以上の実務経験が必要となっています。

これらの条件を満たしていたとしても、1級となるとかなり難しいので、十分に勉強しないと厳しいと言われています。

土木と建築の施工管理技士の資格を取得したいという人もいます。

複数の資格の取得は不可能ではありませんが、難しいと言えるでしょう。

取得するのが難しい資格ですから、その1級を持っているということであれば転職をするにしても大変有利であるということができます。

Comments are closed.