施工管理の転職ガイド

施工管理の仕事内容と現場監督との違いについてです。転職するなら資格を取得している方が有利となります。

施工管理を辞めたいと思う時とその対処法は

2017年5月5日 // by admin01

施工管理の仕事は工事現場の施工に関係するすべての管理を行うのでとても大変なのですがその分達成感もあります。

しかし、トラブルが起こった時など対応もしなければならず、激務だと言われることが多い仕事でもあります。

そのため、この仕事を辞めたいと思う人も多いようです。

【辞めたくなる理由】

施工管理の仕事は、建設現場で働く職人たちをまとめたり、工期やスケジュールの管理、トラブルが発生したらその対応、というように大変責任が重い仕事になります。

工期内に無事終われば達成感を感じることができますが、全てがそうなるとは限らず、大変プレッシャーの大きい仕事のため、辞めたくなることがあるようです。

また、激務であるにも関わらず、給料がそれほど高くなく、大手ゼネコンで平均年収は500万円ほどだと言われています。

このようなことから、転職を考える人もいるようです。

関連記事:49歳契約、建設会社勤務。年収550万円の実情

【辞めたくなったらどうする?】

辞めたいと考えるのは、待遇面で不満があることが多く、それを解決するには大手ゼネコンやスーパーゼネコンへ転職することです。

待遇が改善されれば不満は解消すると考えているなら、大手ゼネコンやスーパーゼネコンへの転職にチャレンジしてみましょう。

施工管理技士の資格があれば有利になるでしょうが、大手に転職するのはかなり狭き門と言えるでしょう。

【退職する前に転職相談を】

転職を考えているのであれば、現在のところを退職してしまう前に次の行き先を決めておくのが理想的です。

働きながら転職先を探すのであれば、転職サイトなどを利用すると良いでしょう。

Comments are closed.