施工管理の転職ガイド

施工管理の仕事内容と現場監督との違いについてです。転職するなら資格を取得している方が有利となります。

施工管理技士の転職パターンは

2017年5月13日 // by admin01

施工管理技士の資格を取ってその仕事に就いて5年くらい経つと現場を仕切って施工管理の仕事が一通りできるようになります。

得られるスキルも多いのですが、様々な不満も出てくるようです。

そのような人たちは、どのようなパターンの転職を考えるのでしょう。

【得られるスキルと出てくる不満】

施工管理で現場経験を通して得られるスキルは、職人の技能的知識や現場を仕切る管理能力や判断力、顧客や地元の住民とのコミュニケーション能力、職人の技能の知識などがあります。

その一方で不満も出てくるのですが、その不満というのは残業や休日出勤、転勤が多くてプライベートの時間や家族との時間が取れない、現場の職人とのコミュニケーションがうまくできない、大学や大学院卒であってもその学力レベルが発揮できない、仕事がワンパターン化して飽きてくるなどです。

【どんな転職パターンか】

施工管理技士の転職パターンは、同じ分野でよりキャリアアップを目指す、テクニカルな分野へチャレンジする、コミュニケーション能力が長けている人なら営業職へ、技術系の公務員になって事業全体のマネジメントを行うなどがあります。

【比較的成功しやすい転職】

現場である程度の施工管理の経験がある人は、その経歴が評価される業界は限られているのですが、ビジネススキルのレベルは高いと評価されます。

そのため比較的転職は成功しやすいと言えるでしょう。

同業界に転職する場合は、今までの施工管理の経験が生かされます。

Comments are closed.