施工管理の転職ガイド

施工管理の仕事内容と現場監督との違いについてです。転職するなら資格を取得している方が有利となります。

転職するならどんな仕事が良い?

2017年5月22日 // by admin01

施工管理の仕事は、建設現場の施工に関わるすべての管理を行います。

そのため大変忙しく、激務になることもあり、転職を考える人も多いようです。

施工管理の仕事をしていた人が転職するならどのような転職先が良いのでしょう。

【主な転職先は】

転職先の候補となるのは、スーパーゼネコン、公務員、ハウスメーカー、ディベロッパー、不動産仲介業などがあります。

スーパーゼネコンはオリンピックなどの影響で仕事は増えており、転職のチャンスはあります。

技術系の公務員が人手不足で、民間企業からの転職者を受け入れている自治体もあります。

ハウスメーカーは住宅着工件数が減っているため全体的に厳しいと言えます。

ディベロッパーは、大手は中途採用をほとんどしないので、転職は難しいでしょう。

不動産仲介業には、ハウスメーカーやディベロッパーに勤めていた人が多く転職しています。

【異業種でも転職できる】

建築業界で施工管理をしていた人は、同業種に転職する人が多いです。

異業種に転職する人は少ないのですが、住設や医療機器メーカーの営業に転職する人はいます。

ほとんど経験のない異業種は、最初は苦労するかもしれませんが40歳代くらいだとまだまだ大丈夫です。

決断するなら1歳でも若い時の方が良いので、早い決断をして行動を起こした方が成功するようです。

【人物重視のところが増えた】

採用する側も、学歴や職歴だけでなく人物を重視するところが増えてきました。

異業種への転職は無理だろうと諦めないで、自分が行きたいところへ挑戦してみるのも良いでしょう。

Comments are closed.