施工管理の転職ガイド

施工管理の仕事内容と現場監督との違いについてです。転職するなら資格を取得している方が有利となります。

施工管理から転職または施工管理へ転職する時の情報の集め方

2017年5月30日 // by admin01

施工管理として仕事をしている人は、かなりの経験もあってそれなりの立場にいる人でしょう。

しかし、様々な理由から転職を考える人もいます。

また別の業種から施工管理に転職したいという人もいるでしょう。

そんな人たちがスムーズに転職するためには、どのように転職活動を行えば良いのでしょう。

【転職サイトを活用】

以前は就職情報誌やハローワーク、新聞広告などで求人情報を探すのが主流でした。

今もこの方法で探すことはできるのですが、転職サイトに登録しておくと自分の希望する転職先を絞り込んで探せたり、転職サイトの担当者とやりとりしながら自分に合った転職先が探せるので便利なのです。

サイトだと24時間パソコンやスマホで見ることができますし、働きながら転職活動をする人にとってはぴったりです。

【施工管理は女性もOK】

施工管理というと、工事現場で働くので力仕事だろう、男性しかなれないのだろうと思っている人がいるかもしれませんが、施工管理は工事の進行状況を把握してそこで働く人を引っ張り、細やかな視点も必要とされるので、女性の施工管理者が欲しいという企業もあるくらいです。

細やかな心配りができる女性にもできる仕事ですから、どこか別の仕事から施工管理へ転職する人もいます。

施工管理の仕事は激務だと言われますが、現場によりますし、女性でも十分できる仕事です。

注目記事⇒≪URL:https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/05/19/JD0055763454

【施工管理の求人数は】

施工管理の仕事は、やはり建築物が多くなる都市部に多いので、大きな都市では常時募集があります。

地方では少なめなのですが、全くないというわけではありません。

転職サイトでは地域を指定して探すこともできますので、上手に活用しましょう。

Comments are closed.